診療科目|医療レーザー脱毛

広島脱毛ホーム >診療科目  > 医療レーザー脱毛 > 自己処理の危険性 

失敗しないための脱毛の基礎知識

一時的脱毛はこんなに危険!

皮膚の角質まで剃り落としてしまうので、お肌に負担がかかります。
また、肌を切ったりすると傷口から細菌が侵入し、化膿してしまうこともあります。

不潔にしていると、細菌などが侵入して炎症を起こしたりしてしまうこともあります。

無理矢理はがしてしまうので、お肌への負担も大きく、毛抜き処理と同じデメリットがあります。

毛のタンパク質を溶かすことで、アレルギーの原因にもなります。
お肌の弱い方は赤く腫れたり、中途半端に毛が溶けて黒く点状になってしまうこともあります。

ホームケア脱毛機は、抜く・剃るの両方を兼ね備えているものも多く、お肌と毛根への
リスクが非常に高いです。また機械の設定も曖昧で、逆に濃くなったという話もあります。

敏感肌の人などが体調の悪い時に使用すると、肌がかぶれる等、
トラブルの原因になる恐れがあります。